石川県能美市でおすすめのパン屋さん5選|こんなにも!?こだわりのベーカリーが目白押し!

石川

石川県能美市でおすすめのパン屋さん5選|こんなにも!?こだわりのベーカリーが目白押し!

自然に囲まれた街・石川県能美市。里山エリアと海岸砂丘に挟まれている街ということもあり、能美市に移住を試みる人もいるようです。そんな、能美市にも探せば見つかるこだわりのパン屋さんがたくさん!今記事では、きっと能美市まで行きたくなるおすすめのベーカリーをご紹介。 観光ついでにパンはいかがですか?

ラ・パンセ|練乳の入ったカスクートが大人気!

この投稿をInstagramで見る

ラ・パンセ(@la.panse)がシェアした投稿

能美市では定番のパン屋さんとして知られている「ラ・パンセ」。オープンしたのは平成9年。今では、常連のお客様や遠方から来る人まで幅広い人気を誇っています。カントリー調のログハウスのような外観は、のどかな雰囲気を感じさせてくれますね。

外では野菜が販売されていることも。地元の人々に寄り添った心温まるベーカリーではないでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

ラ・パンセ(@la.panse)がシェアした投稿

多くの人がお目当てとしているのが「カスクート」です。フランスパンのようなハード生地に練乳クリームが入った大人気商品。口の中で溶けると噂の自家製練乳クリームが、クセになる味わいなんだとか。

とても大きなパンではありますが、ひとりでぺろっと食べれてしまうほどの美味しさ。「ラ・パンセ」看板メニューなので、訪れた際はぜひ購入してみてください。

【SHOP】
「ラ・パンセ」
石川県能美市出口町ヘ217-1
詳しい情報はこちら

BROTRUF Bio-Backerei(ブロートルーフ ビオベッカライ)|オーガニックドイツパン専門店!

この投稿をInstagramで見る

BROTRUF | Bio-Bäckerei(@a___backhaus)がシェアした投稿

自然に囲まれた場所に馴染む、一戸建てのベーカリー「BROTRUF Bio-Backerei(ブロートルーフ ビオベッカライ)」。こちらは、オーガニックドイツパンを堪能できるお店です。
ドイツではハード系のパンが中心で、より水分が少なく歯ごたえのあるパンが特徴的。

この投稿をInstagramで見る

BROTRUF | Bio-Bäckerei(@a___backhaus)がシェアした投稿

ドイツの定番パンともいえるプレッツェルは、ぜひ食べていただきたい一品。こんがり焼かれた表面の焼き色は、香ばしいかおりがしそうです。塩味がガッツリ効いているようなので、甘めのコーヒーやティーにぴったりのパンではないでしょうか。

「あまりドイツのパンって食べたことないかも?」という人はぜひ訪れていただきたいベーカリー。能美市に来た際はぜひ立ち寄ってみてください。

【SHOP】
「BROTRUF Bio-Backerei(ブロートルーフ ビオベッカライ)」
石川県能美市松が岡5-29
公式サイトはこちら

SOYA 宗屋|常識を覆すグルテンフリーのパンが魅力的!

「SOYA 宗屋」の外観
引用元:https://soya-come.com/shop-info/

グルテンフリーのパンを提供してるベーカリー「SOYA 宗屋」。グルテンフリーのパンを作るきっかけとなったのは、店主さんの実家が米農家をしていたことだそう。お米の消費が年々減少していることが気になっていたとのことで、お米離れに歯止めをかけようと米粉パンを作り始めました。

さらに、店主さんの次男がアレルギー体質だったことも大きな理由だったそう。
アレルギー持ちの家族の苦労を目の当たりにし、グルテンフリーで作るパンの需要を感じていると語っています。

SOYA 宗屋」のパン
引用元:https://soya-come.com/menu/bread/

「SOYA 宗屋」のこだわりは、玄米をまるごと製粉した自家製の全粒粉。玄米を一晩水に漬け、あく抜きをして製粉することで、通常の玄米粉よりやさしい粉に仕上がるのだとか。米粉特有のもっちり食感を追求した「SOYA 宗屋」の米粉パンは一級品です。

米粉パンの常識を覆される味を体験してみてはいかがでしょうか。小麦や卵といったアレルギーをお持ちの人でも楽しんでいただけるパンです。

【SHOP】
「SOYA 宗屋」
石川県能美市大成町チ81-1
公式サイトはこちら

Atelier3103(アトリエサトミ)|貴重な素材を使った売り切れ必至のベーグル!

この投稿をInstagramで見る

Atelier3103(@atelier3103)がシェアした投稿

田んぼに囲まれた場所にあるベーカリー「Atelier3103」。こちらは毎週土曜日のみオープンしているパン屋さん。ベーグルが自慢のお店です。また、パンは売り切れ次第営業終了だそうで、日によっては開店から数時間で売り切れてしまうことも。
「Atelier3103」のベーグルを購入するなら、計画を立てて訪れるのがおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

Atelier3103(@atelier3103)がシェアした投稿

「Atelier3103」のベーグルの特徴は、白神こだま酵母と国産小麦を使用していること。
これらの素材を使うことで、もっちりとした食感と生地の甘さを実現しています。

ちなみに、白神こだま酵母は世界自然遺産にも選定された、白神山地で発見された酵母で、厳しい選定をクリアした貴重な酵母です。
美味しいベーグルができるのも納得ですね。

【SHOP】
「Atelier3103」
石川県能美市三ツ屋町ト20
詳しい情報はこちら

食パンのtonton|メディアで紹介される有名ブランド食パン!

この投稿をInstagramで見る

食パンのtonton(@shokupan.tonton)がシェアした投稿

ニュースに取り上げられたりと、さまざまなメディアでも紹介されるパンの有名ブランド「食パンのトントン」。卵・乳製品を使用しないパン作りを追求し、さらに常識を覆す特殊な製法でアレルギー対応と美味しさを両立しています。

また、卵と乳製品を使用せず、カロリーとコレステロールを控えた身体に優しいパンを実現。
ふわふわした食感とほんのりした甘みが特徴的な「食パンのトントン」のこだわりの味わいを楽しめます。

この投稿をInstagramで見る

食パンのtonton(@shokupan.tonton)がシェアした投稿

注目は「食パンのトントン」の店名にもある食パン。
口に入れて驚くのは、軽くて美味しい口溶けの良さ。この食感こそが人気の秘密です。そんな深い食感を生み出している理由は、水分量と発酵時間の長さにあるのだとか。

通常65%ほどの水分量をパンになるギリギリの77%に調整し、発酵は長いもので約72時間としているそうです。パン作りの常識とはかけ離れた、オリジナルの製法がこの食パンの魅力なんですね。
「溶ける」と噂の食パンをぜひ、堪能してみてください!

【SHOP】
「食パンのトントン」
石川県小松市白江町ハ1番地1 コープこまつ店内
公式サイトはこちら

お店の魅力が明確なベーカリーが多い!

大きな自然に囲まれた場所が多い能美市。ドイツパン、ベーグル、食パン、グルテンフリー、カスクートとパン屋さんならではの魅力が詰まっていたのが印象的ですね。

お好みのパンの種類があれば、ぜひ石川県能美市を訪れてみてください。きっと、これまでにないパンの体験ができるのではないでしょうか。

全国どこかのパン屋さんから、
お店自慢のパンが届く定期便

パン旅日記を定期的にお届けします
この機会にぜひご登録ください

Our Service