作り手の顔が見える喜び 

lifestyle

Le pain de abbesses

作り手の顔が見える喜び  (富安さん、神奈川県、⁨⁩50代)

のんびりしたい朝に、家族で過ごす休日に。 人それぞれのパンスクの楽しみ方をユーザー様へのインタビューをもとにお届けします。 第一回目は自然豊かな葉山エリアにお住いの冨安さん。奥様と愛犬のマル子ちゃんと暮らしています。パンスクが冨安さんの生活にどう溶け込んでいるのか、お話をお聞きしました。

新たなパン屋さんとの出会いを求めて、ちょっとした週末の楽しみのためにパンスクを始めました。私たちの食のこだわりは、「作り手の顔が見えるものを買うこと」です。日頃から地元農家が運営する野菜の直売所や道の駅を利用し、旬の食材を楽しんでいます。パンスクのパンは、パン屋さんのストーリーや作り手のこだわりが垣間見えますよね。とても魅力的に感じました。

初めて届いたのは、香川県にある「Le pain de Abbesses(ル パン ドゥ アベス)」のパンです。箱を開けたとき、お店のおしゃれなロゴを見て心が躍ったのを覚えています。かわいいイラストのワックスペーパーやお店の紹介カードも同梱してあり、「どんなパンだろう」と期待が高まりましたね。パンのラインナップも豊富で、まるで宝石箱が届いたかのような気持ちでした。

まずはサラダや目玉焼き、ベーコンと合わせて朝ご飯としていただくことに。トースターでパンを焼いたとき、パン屋さんのような香りがして思わず「いい香り〜!」と声に出てしまいました(笑)

どのパンも冷凍とは思えないくらいおいしかったです!クロワッサンはさくさく、バゲットは小麦の香りともちもち感が絶妙でした。香川にもこんな素敵なパン屋さんがあるんですね。パンスクで出会えて本当によかったと思います。

次は、手作りのスープに合わせたいです。じゃがいもと玉ねぎを炒めずにそのまま混ぜて作るヘルシーなヴィシソワーズに、ソフトなパンを合わせてみたい!カンパーニュがあれば、野菜とチーズを乗せてタルティーヌにするのも良さそうです。届けてもらうパンにあわせて、楽しみ方が広がりますね。

全国どこかのパン屋さんから、
お店自慢のパンが届く定期便

パン旅日記を定期的にお届けします
この機会にぜひご登録ください

Our Service