たった3分、住所を知らなくても夏ギフトを贈れる!LINEギフトでパンスクボックス贈ってみた

たった3分、住所を知らなくても夏ギフトを贈れる!LINEギフトでパンスクボックス贈ってみた

さて、今年もお中元・夏ギフトの季節がやってきましたね。今回取材した都内在住のおおたさん(30代・女性)は、育児で忙しくしている地元の先輩へのプレゼントに、LINEギフトからパンスクボックスを贈ることにしたそう!購入方法から、手元に届いたパンのことなどなど、LINEギフトで贈れるパンスクについてお話しをうかがいました。

「毎年7月頃になると、夏ギフトどうしようかなあ、と悩んでしまいます」と話すおおたさん。

予算はもちろん、お相手の好み、去年と同じものじゃいけませんし……、考える時間はとても楽しいのですが、正直少し大変でもありますね。
パンスク定期便のギフト版「パンスクギフト」は、価格が一箱4,500円、個人的に予算ピッタリでした。贈り物が「パン」というのも、ほかとはかぶらなくていいかも!と思ったそう。

▶︎ パンスクギフト

出典元:LINEギフト【パンスク】パンフォーユー

おおたさん:会社のランチタイムに同僚から、「LINEギフトなら、送り先の住所を聞かなくてもプレゼントできるから便利だよ!」と教えてもらいました。相手の住所を確認するのにも気を使うことがありますし、入力の手間も減らせる嬉しいシステムですよね。

私が贈りたかった「パンスクギフト」もLINEギフトに掲載されていました。初めての利用だと、LINEギフトのクーポンも使えるみたい。
さっそく地元の先輩へ、「パンスクボックス」をLINEギフトで贈ってみました!

▶︎ LINEギフト【パンスク】パンフォーユー

出典元:LINEギフト【パンスク】パンフォーユー

パンスクは定期便の場合「どのパン屋さんのパンが送られてくるか届くまでお楽しみ」なのが魅力。
一方、LINEギフトに掲載されている「パンスクギフト」は、食事パン・惣菜パン・菓子パンなど、簡単にジャンル分けされています。
これなら、なるべく相手の好みに合わせたパンを贈れるように感じました。

出典元:LINEギフト【パンスク】パンフォーユー

色々考えたすえ、先輩には「惣菜パン(ハード生地)が美味しいパン屋さんのパンセット」をプレゼントすることに。先輩の好みを考えつつ、小学生の息子さんも喜んでくれそうな「菓子パン」が入っているのが決め手でした。「友だちにギフト」のボタンから、ポチ。簡単です!

▶︎ 話題の冷凍パン♪ 惣菜パン(ハード生地)がおいしいパン屋さんのパンセット | LINEギフトページ

LINEギフトの注文ステップは、以下の通り。

はじめて利用する私でも、たった3分でギフトを贈ることができました。
去年までは、レターセットを買い、メッセージを記入して、それからギフトショップに行って一緒に梱包・配送までしてもらっていましたから、比べようのないくらいの時短です。
メッセージカードの種類が豊富で、LINE感覚でメッセージも添えられるのも魅力的。
先輩は猫が大好きなので、飼っている猫ちゃんに似たカードを選ぶことにしました!

「ギフトメッセージが送信されました」と表示されたあと、あまりにも簡単だったので、ちゃんと贈れているのか不安になってトーク画面をすぐに開きました(笑)
すると、先ほど作ったメッセージカードとギフトが無事に送信できていて一安心。

贈ってから「受け取り側が自分で住所を入力するのは、手間をかけてしまうかな」と心配しましたが、受け取りの手続きはとても簡単で、特に気にならなかったそうです。「到着が楽しみ!」というLINEのメッセージに、私も嬉しく思いました。「たくさんパンが届くので、冷凍庫のスペースに余裕を作ってね」とお返事。

たくさん届くパンも、自由なタイミングで消費できるのは、冷凍便のパンスクならでは。

夏の贈り物にLINEギフトで送れるパンスクボックス送ってみた!

約1週間後、先輩から「パンが届いたよ!本当にたくさん入ってるね。すごいっ」というメッセージが。

さらに翌日には、先輩のご家族3人での朝食の様子の写真を送ってくれました。
「普段の朝食は和食だから、朝食卓についてすぐ旦那さんも息子もパンの日ですごく驚いてた!色々なパンを出して、食べ比べしたの。いつもより話しながらゆっくり食べて、優雅な週末の朝ごはんの時間になったよ♪」
息子さんは塩バターパンが、旦那さんと先輩は2種のレーズンとくるみが特に好みだったそう。
ご家族の好みに合うか少し不安でしたが、家族3人それぞれの好みに合うパンが入っていて良かったです。

また別の日には、先輩一人でのランチの写真が届きました。
リモートワークの仕事の合間でサッとランチを食べたい時、目玉焼きなどの具材を準備してる間にパンを自然解凍していたそう。

「冷凍パンは初めて食べたんだけど、とにかく生地がフワモチで口当たりが良くてとても美味しいね!本当は一度トーストした方がもっと美味しいのかもしれないけど、そのまますぐ食べちゃった(笑)」

冷凍パンって、ストックしておくと手間なくすぐ食べられて便利だね。と、その後も定期的に、どんな風にパンを食べたかをLINEで話してくれました。

ギフトを贈った後に、贈った品物に関してこんなにたくさん会話をしたことがなかったんです。コミュニケーションのきっかけになる贈り物って素敵ですね。
LINEで贈ったからLINEが届く、この繋がりが楽しいなと思いました。

LINEギフトからパンスクボックスを贈ってみて、「住所を知らなくても3分で贈れる」という手軽さが本当に魅力でした。

贈る方も受け取る方も気軽に受け取れるギフトは、毎日忙しく過ごすビジネスマンの味方だと感じました。
知人にはパン好きな方が多いので、これからお誕生日やちょっとしたお祝い、お歳暮などに重宝しそう。LINEで贈れる「パンスクギフト」をこれからも活用していきます。

▶︎ LINEギフト【パンスク】パンフォーユー

▶︎ 1年半で500店のパン屋さんを巡って気付いた「おいしいパン」の選び方。パンスク定期便“開拓”担当にインタビュー

全国どこかのパン屋さんから、
お店自慢のパンが届く定期便

パン旅日記を定期的にお届けします
この機会にぜひご登録ください

Our Service